こんにちは!福岡県久留米市に拠点を持ち、総合解体工事業者として解体工事や家屋解体などを承っているY.TECです。
解体工事は屋外での作業となるため、少なからず天候の影響を受けます。
特に雨の日の解体工事には、メリットとデメリットの両方があり、状況に応じて工事を行うか行わないかを判断します。
このコラムでは、解体工事を雨の日にやるメリットとデメリットについてご紹介します。

雨の日の解体工事のメリット


雨の日に解体工事を行うメリットをご紹介します。

スケジュールが遅延しない

雨の日でも予定通り解体工事を行えば、スケジュールに影響が発生しません。
そもそも解体工事は周囲に騒音や振動などの悪影響を及ぼすため、できるだけスケジュール通りに進行させて早く終わらせることが得策です。
もしスケジュールが遅延すると、コストが上がってしまうため、雨の日でもできるだけ予定通り進行させることが望ましいでしょう。

散水しなくてもよい

解体工事の粉じん飛散対策として、散水が行われますが、雨の日なら、わざわざ散水する必要はありません。
散水のためのスタッフを別の作業に回せるため、作業の効率も良くなります。

雨の日の解体工事のデメリット

雨の日に解体工事を行うデメリットをご紹介します。

安全性が悪くなる

雨の日は、足元が濡れて滑りやすくなったり、視界が悪くなったりすることがあります。
そうなると作業者の転落や、重機との接触などの事故が発生する可能性があります。
降雨量や降雨時間などをもとに、作業の安全性を考慮して、危険だと判断した場合は、解体工事の中断を決めなければなりません。

作業の効率が悪くなる

雨の日の解体作業には、散水の必要性がなくなるというメリットはありますが、その他の解体作業の効率が低下する可能性があります。
足元が滑らないように注意深く移動したり、体が濡れることで体力が奪われたりすることで、思うように作業ができないこともあるでしょう。
総合的に見て、作業の危険性が高く、効率が悪いと判断したときには、解体工事の中断もやむを得ません。

解体工事や家屋解体のご依頼を


Y.TECでは、解体工事や家屋解体、産業廃棄物運搬のご依頼をお待ちしております。
初めてのご依頼でも、お客様のご要望をしっかりとヒアリングしたうえで、適切な施工プランを提案いたします。
安全で迅速な施工を心掛けており、多くのお客様から高い評価をいただいております。
解体工事で発生した産業廃棄物も、弊社が責任を持って適切に処分いたしますのでご安心ください。
Y.TECへのお仕事のご依頼は、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


Y.TEC
〒830-0059 福岡県久留米市江戸屋敷1丁目13-18
TEL・FAX:0942-65-3219  
※営業電話、セールスお断り