こんにちは!福岡県久留米市に拠点を持ち、総合解体工事業者として解体工事や家屋解体などを承っているY.TECです。
解体工事には重機を使いますし、がれきなどで足場が悪くなるため、作業者の安全対策は欠かせません。
このコラムでは、解体工事を安全に進めるために弊社が心掛けていることをご紹介します。
解体工事業者をお探しの工務店や不動産屋の皆様は、ぜひご覧ください。

作業者の安全第一を順守する


弊社では、解体工事に従事する作業者の安全第一を順守しています。
工事の着工前には、解体工事現場周辺の現地調査を徹底的に行い、解体工事で発生しそうなリスクを把握しております。
このようにリスクを把握して事故を未然に防ぐのが、次で紹介する危険予知活動(KY活動)です。

危険予知活動(KY活動)の徹底

危険予知活動(KY活動)とは、解体工事で発生しそうな危険な状況を予測してどのように対処するか想定する活動です。
解体工事会社によって危険予知活動の内容は異なりますが、概ね以下のような手順で実施されます。

・重機と作業者との接触や高所からの転落など、どのような危険があるのか把握する
・そのような危険性を作業者同士で共有して、危険性の本質を指摘する
・どうすればそのような危険性を回避できるか話し合う
・安全に解体工事を進めるための具体的な行動目標を共有する

このような危険予知活動を導入するためには、まず解体工事現場の状況を把握しておくことが重要です。
また解体工事の手順や使用する重機、作業者のスキルなどは会社によって異なるため、他社の危険予知活動をそのまま導入しても、思うような効果が上がらない場合もあるので注意が必要です。

法律を順守する

工事現場の安全面への対応に関する法律として、「労働安全衛生法」と「労働安全衛生規則」があります。
労働安全衛生法とは、労働災害を防ぐために、労働者の安全と健康を守り、快適な職場環境を構築することを目的とした法律です。
また、労働安全衛生規則とは、労働安全衛生法に基づいて、労働の安全衛生について定めた規則です。
解体工事に限らず工事全般において、これらの法律を順守することが、安全に工事を進めるための要となっています。

解体工事ならY.TECへ


弊社は解体工事や家屋解体、産業廃棄物運搬などのスペシャリストです。
プロから見ても納得のできる解体工事のために、妥協することなく取り組んでおります。
弊社では、丁寧な仕事を心掛けるのはもちろんのこと、安全かつ迅速な施工を心掛けており、これまで多くの実績を上げてきました。
Y.TECへのお仕事のご依頼は、お問い合わせページよりお気軽にご連絡ください。

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


Y.TEC
〒830-0059 福岡県久留米市江戸屋敷1丁目13-18
TEL・FAX:0942-65-3219  
※営業電話、セールスお断り