こんにちは!福岡県久留米市に事務所を構え、八女市を中心に福岡県全域で家屋解体、木造家屋解体などを行っている解体工事業者のY.TECです。
弊社では、お客様のご希望に沿った解体工事をご提供できるよう、ヒアリングを丁寧に行い、ご満足いただける施工に努めております。
店舗やテナントでは、内装解体工事を行うことが多いです。
では、内装解体工事とはどのような場面で活躍するのでしょうか。
そこで今回は、店舗やテナントにおける内装解体工事についてご紹介します。

賃貸の場合は原状回復工事


店舗やテナントの場合は、賃貸であるケースが多いです。
そのため、店を閉店する際は借りた時と同じ状態にする必要があります。
それが、原状回復工事です。
元のオーナー様は、経営されているお店のイメージにあった内装を施しているので、原状回復工事を行う際は借りた時と同じ状態の内装にする必要があります。

内装解体工事の内容

内装解体工事は、建物の内側を解体する工事です。
例えば、壁紙や床を剥がし、カウンターなどを後付けしている場合は、それらを解体し、撤去を行います。
また、照明を増やしている場合は照明も撤去し、壁を付けて部屋を増やしている場合は、壁を壊して部屋をなくします。
このように、建物の内部のインテイリアや壁紙などを撤去し、処分することが内装解体工事の内容です。

事前に物件オーナーと打ち合わせを行う

賃貸の店舗やテナントを返却する時は原状回復工事が基本ですが、オーナー様によってご希望が変わる場合もあります。
例えば、貸した状態と同じ状態で返却して欲しい場合や、そのままで返却して欲しい、一部は原状回復を行ってから戻して欲しいなど、さまざまなケースがあります。
そのため、オーナー様と事前の打ち合わせを行わず、原状回復工事を行ってしまうと思わぬトラブルにつながってしまうかもしれません。
原状回復工事を行う際は、事前に物件オーナー様と打ち合わせを行い、工事の範囲をすり合せしておくことが大切です。

Y.TECへご相談ください!


現在弊社では、原状回復工事などをはじめとした、解体工事全般を承っております。
弊社には、熟練のスタッフが多数在籍しており、スムーズな施工が可能です。
解体工事でお困りの際は、スペシャリストである弊社にお任せください。
解体工事全般のご依頼をお待ちしております!

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました。


Y.TEC
〒830-0038 福岡県久留米市西町468-11
TEL・FAX:0942-65-3219  
※営業電話、セールスお断り