こんにちは! Y.TECです。
弊社は、福岡県久留米市を中心に、八女市や佐賀県鳥栖市などにて解体工事やリフォームなどを手掛ける解体屋です。

解体工事を行うタイミングによっては、固定資産税を節約できることがあるのはご存じでしたか?
今回は、解体工事で行える節税について解説いたします!

ポイントは「翌1月1日」!


建物や土地には固定資産税がかかります。
住宅が建っている土地は住宅用地という扱いになり、税率が軽減されるシステムがあります。
この固定資産税は1月1日における土地・建物の状態から計算されますので、翌1月1日までに解体工事が完了すればその土地は翌年から税率の軽減が行われませんが、翌1月1日以降に解体工事が行われた場合は翌年いっぱいは税率の軽減が行われます。
ただ、いくら節税できるからといって倒壊寸前の建物を長期間放置するのは危険です。
こういう節税方法もある、ぐらいの認識に留めておき、可能な限り早めに解体工事を行うのをおすすめいたします。

高品質な解体工事なら弊社まで!

解体工事は、その後の土地の運用や利用価値などを考慮しつつ行うことが重要です。
高品質な施工を安心価格でお求めでしたら、弊社にお任せください!

まずはお気軽にお電話ください。
皆さまからのお問い合わせをお待ちしております。

最後までご覧いただきまして誠にありがとうございました。


Y.TEC
〒839-0851 福岡県久留米市御井町468-11
TEL・FAX:0942-65-3219  
※営業電話、セールスお断り